エノハとは?

記憶で書いてるんで間違いがあるかも・・・


九州の一部ではヤマメとアマゴを一纏めにして”エノハ”と呼ぶ。

宮崎県北部から大分県、熊本県、福岡県の一部でエノハと呼ばれるようである。 

ヤマメ

ヤマメ

サケ科に属するこの魚は、別名を「渓流の女王」と呼ばれる。体の側面にパーマークと呼ばれる非常に美しい小判型の斑点がある。この斑点は成長と共に薄くなっていくようである。水が奇麗な渓流域に生息し、肉食で水中や水面に落ちた昆虫や水生昆虫を食べる。非常に用心深く、俊敏な動きをする。30cm以上に成長すると、尺ヤマメと呼ばれ釣り人の憧れの的である。



アマゴ

朱色の斑点が点在する物がアマゴと呼ばれている。これらの区別は朱色の斑点のみで、生育域や食味などの差は感じられない。


パーマークと朱点

ルビーを散りばめたような朱点は非常に美しい。




 通常はダムなどで陸封されているので海へは降りれないが、本来は海へ下って大きくなり、体長40cmを超えパーマークは消える(銀化)。これらはヤマメはサクラマス・アマゴはサツキマスと呼ばれる。しかし現在は降海するのは北海道を除いて殆どいない。これはダム等により海へ下ることができないためだ。

 この魚は美しさと共に味も素晴らしい。川魚特有の臭みはなく、エノハ特有の上品な香りが鼻をくすぐる。食べ方としては、塩焼きが味・香りを楽しむのに最適である。秋口の脂の乗ったエノハは最高で、このために休みのすべてを山の中で過ごす。養殖物にはこの素晴らしい味はないので、険しい山を歩き自分で釣るしかないのである。

 天然物は少なく各内水面漁協の放流に頼る部分が大きいこの魚はぜひとも乱獲から守らねばならない。禁漁区・C&Rの厳守などしっかりと守っていただきたい。

 


戻るよ〜