10月31日 晴れ




08:00起床。
ダラダラと寝ているのにまだ寝れる。(笑)
なんだかすごい。

乗船前に買い込んだ菓子パンを食べて朝食。
あぁ、米食いて〜
船内の自販機はメチャメチャ高いので、500mlペットボトルに水を汲んでくる。
これにMRE付属の粉末ジュースを溶かすのだ。
150円もする缶ジュースなど買うものか!

船内を探検するが、面白くない。
ベットに寝転がり、本を読んだり昼寝をしたりして過ごす。

18:00博多港に入った。
甲板に出て風に当たる。
風がとっても暖かく、まだ明るい。
すごく驚いた。
北海道で寒さに震えていたのが嘘のようだ。
日没は16:40位で17時には真っ暗だったのに・・・
こんなにも違うものなのか!

フェリーがゆっくりとバックして、船尾から岸壁に近づく。
こんなにもでかい船がバックするとは・・・
すごいよねー

船内放送があり、車に乗って良いようだ。
荷物を持って、一号甲板の隅っこにあるJeepを目指す。
狭い階段を降りやっと着いた。
久々のJeep車内である。
しかし、すぐに外に出ることは出来ない。
二号甲板のトラックや乗用車が先である。

待つ。
ひたすら待つ。

30分後にやっとハッチが開いた。
先頭の車両から降り始める。
すべての車両が降り、やっと私の番だ。
結局、一番最後であった。(泣)

付近は暗くなっている。
地図を見ながらR3に乗る。
しかし、道が狭いな・・・
対向車が真横を通りチョット怖い。
普通の道幅なのだが、北海道の道に慣れてしまったようだ。
まいったな。

県道112からR386・R210を経由し、ついに大分市に到着。
時間は24:00になろうとしている。
長い長いこの旅は、終わりを迎えた。

56日間、総走行距離7529km。
小樽から時計回りに一周した形だ。
まだまだ行きたいところはあったが、今度の楽しみに取っておこう。

家のドアを開けると、2ヶ月前と変わらない我が家であった。


船底の一番隅に追いやられたJeep 博多港の夜景

もどるよー