田舎料理 八菜屋


大分の別府から熊本の阿蘇へと続く県道11号線。

有名な、やまなみハイウエイである。

雄大な景色が広がり、九州を代表する道である。

新緑の季節にフルオープンのジープで走ると最高!

 

さて、大分と熊本の県境付近が「瀬の本」である。

今回は、グルメ探検・四国方面隊のmankiti夫妻と一緒にお邪魔することにした。

右端にジープがチョットだけ・・・

瀬の本交差点の横に位置している。

ほかにお店はないからすぐに分かると思う。

土産物や野菜など沢山陳列してある。

日曜日のお昼時ということもあり、駐車場は超満員。

店内は「田舎」を感じさせる落ち着いた雰囲気となっている。

テラス席もあり、こちらは久住の風を感じながら食事をとることが出来るようだ。

もちろん、テラス席を希望した。

人工物が全く見えない雄大な景色が広がっている。

 

まず、ハムの盛り合わせを注文。

マスタードとマヨネーズが付いてる。

なかなか美味。

取りあえずビール!

と叫びたくなるが、車なのでお茶をすする・・・

 

さて、本命の料理が運ばれてきた。

そうボルシチ(БОРШ )が今回の目的なのだ。

ロシアを代表する国民的料理をまさかこんな日本の田舎(失礼)で食べさせてくれるとは驚きである。

ちなみに上の写真が御飯セットで下の写真がパンセットである。

パンを選ぶとコーヒーか特産の牛乳かを選べる。

値段は変わりないが御飯のセットの方が賑やかである。

私はパンセットを注文。

さて、味の方は・・・

トマトスープ?です(

ボルシチはビーツ(テンサイの仲間)で赤い色を付けたはずだが

ビーツはひとかけらも入っていない。

代わりに、これでもかとトマトが入っている。

大きな肉が入っており、じっくり煮込んであるようでとても柔らかい。

上にはパリパリに揚げてあるゴボウが乗っている。

香ばしくとても美味しい。

あと、数種類の漬け物が食べ放題である。

取り皿をくれるので心ゆくまで堪能していただきたい。

この漬け物はどれもおいしい。

 

実のところ本物のボルシチなるモノを今回のメンバー全員食べたこと無いのだ。

よって、我々には

ボルシチ=サワークリームが乗ったトマトの強いビーフシチュー

となってしまいそうである。

ボルシチはロシアのみそ汁のようなモノ

色々な味があっていいんだ (たぶん)

これで良かったのかな?

 

田舎料理 八菜屋
TEL 0967-44-0724 / 10:00〜17:00 / 木曜定休


もどるよ〜